タイ語のスラング

タイ語でマスターするなら知っておきたいスラング

タイ語でマスターするなら知っておきたいスラング

「タイ語」のスラングを知っているだけで、現地に住んでいる人とのコミュニケーションが円滑になります。

 

ただ、使い方を間違うとトラブルのもとにもなりますので、注意が必要です。

 

ここでは、日常会話によく使われるタイ語の代表的なスラングを紹介します。

 

日常会話でよく使われる言葉

 

まずは年代に関わらず、多くの現地人が口にするスラングから紹介します。タイ語のスラングは荒い表現のものが多いですが、ここでは比較的キレイかつ頻繁に使われる言葉をピックアップしました。

 

「เตง/テーン」

 

主に女性が男性を呼ぶ時に使われます。恋人関係あるいは夫婦関係にある場合に使われることが多いです。

 

日本語の「あなた」に近いニュアンスとなります。

 

「ชิมิ/チミ」

 

スポンサーリンク

 

「○○でしょ?」という疑問形の言葉です。親しい友人や家族に質問をする時に使用するくだけた表現です。

 

「ไรแว๊/ライウェ」

 

「なんだよ!」という怒り口調の返事です。激怒とまではいきませんが、イライラしている人が返事をする時によく使います。

 

ちなみに、「何よ?」という意味を持つ「ไรหรา/ライラー」といったスラングもあります。

 

タイの若者が日常的に使う慣用表現

 

タイの若者たちが好んで使用するスラングをピックアップしました。中には国内の流行語となったものもあります。

 

「น่ามคาน/ナーラックジュン」

 

若い女性が好んで使用する言葉で、日本語の「超カワイイ!」に相当します。

 

同じ系統の言葉として、「น่าร็อคอ่ะ/ナーローックアッ」というものがあります。こちらは「カワイイわぁー」という和やかな表現になります。

 

「เมพชิงๆ/メープキンキン」

 

キーボードの打ち間違えから生まれたとされるスラングです。「すごい!」という賞賛の意味を持ち、若者たちの間で流行しました。

 

「น่ามคาน/ナムカーン」

 

「ウザい!」「うっとうしい!」という意味を持つ言葉です。

 

「จุงเบย/ジュンブーイ」

 

スポンサーリンク

 

「韓国語なまり」から生まれたタイ語のスラングです。「ものすごく○○」という具合に、対象を強調したい時に使われます。

 

この言葉はタイ国内の「大流行語」となり、スラングでありながらメジャーな表現となりつつあります。

 

あまり使わない方が良い下品な表現

 

ここで紹介するのは、主に現地人が口にする「下品なスラング」です。決してキレイな表現ではないので、現地で使用するのは控えましょう。

 

「อะไร วะ/アライワ」

 

口調によって意味が変化する言葉です。強い口調だと「なんだとー!」「なにー!」となり、吐き捨てるようにつぶやくと「ちぇっ」、「なんてこった」となります。

 

無闇に使用するとケンカに巻き込まれる可能性があるので、普段は口にしないようにしましょう。

 

「ไอ้เหี้ย/アイヒア」

 

「おい!この野郎!」という意味を持つ言葉です。強い口調で激怒した男性が使います。非常に悪い言葉なので、日常会話に使用するのはNGです。

 

「ให้ตายซะ/ハイターイサ」

 

棒読みだと通じませんが、発音の仕方次第で「死ね」という意味になるスラングです。

 

冗談でも使わないようにしましょう。大人同士のケンカにおいて、感情がたかぶった時に使われる言葉です。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加