フランス語のスラング

フランス語でよく使われるユニークなスラングを紹介します

フランスでよく使われるユニークなスラングを紹介します

スラングといえばアメリカやイギリスで使われる英語のイメージが強いと思いますが、フランス語にもさまざまなスラングが存在することをご存じでしょうか。

 

おしゃれなイメージの強いフランスには、どのようなスラングがあるのでしょうか?

 

さまざまな意味に変化する「Merde」という言葉

 

最初に、使い方次第でさまざまな意味に変化する「Merde」というスラングに触れていきます。

 

Merdeは感情を表現する言葉で、訳すと「ちぇっ!」「くそっ!」といった意味になります。

 

フランス語としてはかなり汚い言葉なので、場所をわきまえて使う必要があります。

 

スポンサーリンク

 

「On est dans la merde !/困ったぞ!」

 

このフレーズは、困り果てた状況に陥った人がよく使います。一言でいえば、苦境を表現するスラングとなります。

 

また、悪天候を表す言葉として、「Quel temps de merde!/何てひどい天気なんだ!」といったものもあります。

 

「Ce type est une vraie merde!/あの人はろくでなしだ」

 

Merdeには「くだらない物」という意味もあり、使い方次第では上記のように相手を皮肉ることができます。

 

他には、「On bouffe de la merde dans ce resto!/ここのレストランが出す料理はひどい!」という使い方もできます。

 

「Alors je te dis merde!/健闘を祈る!」

 

反対語としてMerdeを使うと、「幸運を祈る」「健闘を祈る」といった意味に変化します。

 

マイナスイメージを与える言葉を反対語として使用したユニークなスラングです。

 

「se foutre」を使った代表的なフランスの俗語

 

se foutreは英語で言う「Fuck」に近いニュアンスを持つ言葉です。

 

相手を皮肉るために使われることが多く、正しい意味を理解してから使う必要があります。

 

ちなみに直訳すると、「する・やる」「女性をものにする」「乱暴に放り投げる」といった強い言葉になりますが、フランスでは日常的に使われています。

 

「se foutre la gueule」

 

対象を「バカにしたい」時に使用するスラングです。そこまで強い侮辱語ではありませんが、不快感を与えるので使いどころに注意しましょう。

 

「Je ’en fou(e)」

 

「どうでもいい」、「関係ない」という意味を持ちます。多少の「敵意・悪意」を持って他者と距離を取る際に使われます。

 

「gueule」を使ったフレーズ

 

フランス語として直訳すると「人の口」あるいは「肉食獣の口」となる「gueule」ですが、スラングとして頻繁に登場するので覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

「Ta gueule」

 

「黙れ」という意味のある言葉です。直訳すると「その汚い口を塞げ」となるため、相手を威嚇し、黙らせたい時に使います。

 

とはいえ、仲の良い友人同士がジョークとして使っている場合がほとんどです。若者たちがじゃれ合っている時にも使われます。

 

その他の有名なフランス語のスラング

 

上記の2種類がフランス語のスラングとして頻繁に使われますが、他にもさまざまな言葉があります。

 

ここでは日常会話において使用率の高いものを紹介します。

 

「Putain」

 

Putainは「ちぇっ」「くそっ」「チクショウ」といった「軽い悔しさ」を表現する言葉です。

 

上記のMerdeよりは奇麗な言葉です。直訳では「売春婦」となりますが、決して差別的な言葉ではなく、日常会話で頻繁に使われます。

 

「La vache」

 

日本語で言う「あいづち」に該当するフランス語のスラングです。

 

「ひどいなー」「マジかよー」といったニュアンスで、他人に悲しいことやひどいことがあった際に、あいづちとして使われます。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加